【イクモア/副作用】成分や飲み方・使ったら危険なアレルギーなどの注意点について

【イクモア/副作用】安心して使える3つのポイント

「添加物が入ってるものは身体に良くないから食べたくない」

「サプリを飲んで副作用が出てしまったことがある。。。」

「口に入れるものだからどこで作っているのか良くわからないものはちょっと。。。」

近年、海外からも様々なサプリが入ってきているため、安全性への考え方が違う海外産のサプリを使ってトラブルになってしまうことがありました。

しかし、イクモアは安全性の基準を満たした国内工場で製造しているので、日本基準の安全性をクリアしているため安心して使うことができますよ。

食品アレルギーの原因にもなってしまう保存料・着色料・香料などの添加物を使っていないので、アレルギーの心配なく使えるのも安心ですね。

さらに公式サイトで公開されている成分は、薬や医薬品とは違い日頃からよく口にしている食材にも含まれている成分であるため、副作用を気にせず使うことができますね。

添加物や副作用が気になる人でも安心して使用することができますよ。

 

 

 

 

初回購入63%オフでお得

 

 

 

 

 

 

 

【イクモア/副作用】注意点やデメリットについて

「アレルギーがあるけど使ってもいいのかな?」

「下痢になってしまわないか心配。。。」

口に入るものであれば安全かどうか心配になるものですよね。

しかし、イクモアは安全基準を満たした工場で製造され、添加物も使っていないうえ日頃よく口にする食材に含まれている成分で作られているため基本的には安全だと言えます。

ただし、注意点やデメリットもあるのが事実です。

たくさん飲みすぎてしまうような飲み方をしてしまうと、ニキビができたり下痢になってしまう可能性はあります。

さらに妊娠中や授乳中・子供への影響は、確実に安全だとされるデータがないため

医者に相談する必要があります。

調べたところ副作用などに関する噂は見当たらないので、注意点やデメリットをよく把握したうえで使うようにしましょう。

 

 

 

 

 

初回購入は63%オフでお得

 

 

 

 

 

 

イクモアを使用しない方がいい人について/妊娠中などで副作用が気になる場合

イクモアを使用しない方がいい人について紹介します。

イクモアの原材料は、日頃よく口にする食材にも含まれている成分のみで作られているため、危険性が高いわけではありません。

イクモアは「出産後に抜け毛が増えてしまってなんとかしたい。。。」「女性ホルモンのバランスが乱れて薄毛になってしまった。。。」という方の悩みに応えるように作られています。

しかし、公式サイトでは妊娠中・授乳中の方にはおすすめできませんと書いてあります。

これは、妊娠中・授乳中のサプリ摂取に関する安全性のデータがないことが原因であると言えます。

結果を焦って、過剰摂取するような飲み方をして副作用が出てしまった時には責任が取れないからとも言えます。

それだけ妊娠中・授乳中というのはデリケートな時期でもあるので、必ず医師と相談したうえで、目安を守って使うことが大事ですね。

 

妊娠中に影響のあるイクモアの成分

イクモアの成分の中で妊娠中に影響のある可能性のある成分について紹介します。

まずは女性ホルモンとも大きく関係している大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは、豆腐・納豆など日常的に食べる機会の多い食材に含まれているため妊娠中でも食べる機会があるかと思います。

数値的なデータとして厚生労働省の見解です。

特定保健用食品としての大豆イソフラボンの 安全な 1 日上乗せ摂取量の上限値を 30mg と設定しました。

参考:食品安全委員会

イクモアに含まれる大豆イソフラボンは1日3粒あたり15mgであり、目安摂取量の上限である6粒だとしても上限値の30mgに収まることになります。

 

そして、アルギニン・シトルリンなどの血流を良くする効果のある成分については、妊娠高血圧症候群の予防に役立つとも言われています。

また、亜鉛も早期産を防ぐなどの効果があるとされていて、妊娠中の摂取が推奨されている成分です。

必ずしも悪影響があるというわけではなく、単に妊娠中に使う場合の安全性を保証するデータがないため、公式では妊娠中の使用をおすすめできないという現実があります。

使用する場合は、かかりつけの医者に相談したうえで使うのがいいでしょう。

 

授乳中に影響のあるイクモアの成分

イクモアの成分の中で授乳中に影響のある可能性のある成分について紹介します。

赤ちゃんが飲む母乳は、母親の血液を材料として作られるため、母親が食べるものや血液の質は赤ちゃんに影響を与えます。

そのため、カフェインを代表として授乳中に食べない方がいいと言われているものがあります。

授乳中にとってはいけないと言われている成分を調べたところ、イクモアに含まれている成分は入っていませんでした。

それどころか、イクモアに含まれている亜鉛が足りない低亜鉛母乳は、乳児亜鉛欠乏症を引き起こすことも分かりました。

他にも、母乳は血液から作られているため、血流を改善するアルギニンなどは効果的であると考えられます。

あくまで、日常の食事のバランスを考えて、医者と相談したうえで使う方が良さそうですね。

参考:国立成育医療研究センター

 

アレルギーに影響のあるイクモアの成分

イクモアの成分の中でアレルギーと関連性が高いのは、大豆イソフラボンと亜鉛です。

イクモアには大豆イソフラボンが含まれています。

この大豆イソフラボンは大豆から摂れる成分であるため、当然ながら大豆アレルギーを持つ人が摂取するとアレルギー反応が出る可能性があります。

しかし、必ずアレルギー反応が出るわけではありません。

大豆から作られていますが、醤油・味噌などの良く加工された大豆製品はアレルギー反応が出にくいと言われています。

そして、イクモアに含まれている亜鉛は金属アレルギーと関係しています。

食事から大量の亜鉛を摂取すると、体内を巡り汗として排出された亜鉛がアレルギー反応を起こして炎症になってしまうこともあります。

これもあくまで可能性の話であり、個人差があります。

大豆アレルギー・金属アレルギーを持っている場合には注意が必要です。

参考:全身金属性アレルギー

 

イクモアの下痢などの副作用が出る可能性について

「せっかく使っても太るのは嫌。。。」

「前に使ったサプリで体調が悪くなってしまったことがあるから心配」

サプリが原因で身体に悪影響が出てしまったという話を耳にしたことがあるかもしれません。

しかし、その原因は過剰摂取であるケースが考えられます。

サプリはあくまで食品であるため、危険性の高い成分が使われていることはありません。

成分量を考えずに過剰摂取してしまうことで、下痢や頭痛や太るなどの副作用が引き起こされてしまいます。

イクモアは、元々アレルギーを持っているという場合を除いては基本的に副作用の心配はありません。

 

イクモアは下痢する?

イクモアは下痢をしてしまうのでしょうか?

イクモアに含まれている成分の中には、アレルギー症状が出る可能性のあるものもあります。

そのアレルギー症状の一つとして下痢をしてしまう可能性はあります。

元々アレルギー持ちの方の場合は、食べるものにかなり気を使ってきたでしょうから成分はよく確認していることでしょう。

アレルギーがない場合、疲れている・寝不足・ストレスがたまっているなどの要因で免疫機能が低下してしまうことがあります。

この免疫の低下によって、普段アレルギーを持っていない人でもアレルギー症状が出てしまいまいます。

身体のために栄養を摂ることも大事なことですが、疲れをためずしっかりと睡眠を取り、身体のコンディションを整えておくことも大事なことですね。

 

イクモアは太る?

イクモアは太る副作用があるのでしょうか?

イクモアのカロリー自体は3粒で約4kcalと低カロリーです。

そのため、イクモアを摂取したからと言って直接的に太る原因であるとは考えられません。

また、イクモアに含まれている大豆イソフラボンの働きとして、女性ホルモンの代わりになるという働きがあります。

女性ホルモンには血行を良くする・代謝をあげる・脂肪の燃焼を促すといった働きがあります。

そのため、イクモアに含まれている成分が原因で太るということもないでしょう。

 

 

 

 

 

 

初回購入は63%オフでお得!

 

 

 

 

 

 

 

【イクモア/副作用】成分ごとの1日に飲む量の上限

イクモアの成分ごとの1日に飲む量の上限を紹介します。

イクモアの公式サイトより全成分・成分量を調査して、それぞれの成分は1日どれくらいまで摂取しても大丈夫なのかを計算してみました。

どれだけ体に良い栄養素だとしても、飲む量が多すぎてしまうと下痢などの副作用が出てしまう可能性はつきまといます。

特に妊娠中・授乳中の場合は体がデリケートな時期でもあるので、過剰摂取しないように摂取上限を知っておく必要がありますね。

子供の場合も、大人と違い体が吸収できる栄養素の上限は違うので含有量に注意する必要があります。

飲む量を知って、安全にお試ししてみることをおすすめします。

 

イクモアの成分量から1日に飲む量の上限を計算

イクモアの全成分の含有量と過剰摂取にならない摂取上限を算出しました。

抜け毛・薄毛の悩みというのは、どうしても「一刻も早くなんとかしたい!」と焦ってしまいますよね。

結果を焦るあまり飲む量を増やしてしまい危ない飲み方をしてしまえば、かえって副作用のリスクを高めることになってしまいます。

しかし、イクモアの成分量を見る限りでは、過剰摂取さえしなければ安全に使うことができる範囲内に収まっています。

 

成分 含有量(1日に3粒) 1日あたりの摂取上限
大豆イソフラボン 15mg 70~75mg
L-リジン 300.7mg 体重1kgあたり30mg
L-アルギニン 150.3mg 15,000~21,000mg
L-シトルリン 150.3mg なし
亜鉛 5mg 40mg
パントテン酸カルシウム 10mg なし
ケラチン 30mg なし
ヒハツ 10mg 1g程度
シナモン 30mg 0.6g~3g
黒胡椒 5mg 2g

 

イクモアの目安摂取量は1日に3~6粒なので、毎日6粒飲んだとしてもそれぞれの成分の1日あたりの摂取上限の範囲内に収まる計算になります。

目安の摂取量を守ってきちんと使えば安心して使うことができますね。

 

 

 

 

 

初回購入は63%オフでお得!

 

 

 

 

 

 

 

【イクモア/副作用】効果なしとなってしまう危険な飲み方

イクモアの効果なしとなってしまう危険な飲み方を紹介します。

イクモアは公式サイトで全成分をチェックしても添加物が含まれていないため、安心して使うことができます。

しかし、目安とされている飲む量を守って使わなければ、下痢などの副作用が出てしまう可能性もあります。

さらに含まれている成分との兼ね合いで、日常的に服用している薬がある場合は飲み合わせをチェックしておいた方がいいでしょう。

適切に使えば効果的な飲み方になりますが、使い方を間違えてしまうと効果なしとなってしまうどころか、副作用が出てしまうかもしれませんからね。

 

 

イクモアを飲む量の目安について

イクモアを飲む量の目安について紹介します。

イクモアの公式サイトでは、摂取目安量が1日3~6粒とされています。

飲み忘れてしまった場合には、翌日に多めに飲むようにも書かれていますが、あくまで1日3~6粒の範囲内でということになります。

「せっかく飲むのに効果ないなんて嫌だ」「たくさん飲めばもっと効くかもしれない」と思って目安を越えるような飲み方をしてしまうと、かえって副作用などを引き起こす原因になってしまいます。

基本的に目安の摂取量を守っていれば、どの成分も過剰摂取になるということはないです。

飲む量はきちんと目安を守って使うようにしましょう。

 

イクモアの薬との飲み合わせについて

イクモアの薬との飲み合わせについて紹介します。

「薬を飲んでいるけどサプリとの飲み合わせが気になる」

イクモアに含まれている成分の中でもL-アルギニン・L-シトルリン・黒胡椒は、飲んでいる薬によっては相性が悪く危険です。

L-アルギニンやL-シトルリンは血流を良くする働きがありますが、この働きと血圧を下げる降圧剤との相性が良くないので、思わぬ副作用を引き起こしてしまいます。

また、黒胡椒の消化吸収を促進する働きによって薬の効果を強めすぎてしまうことがあるため、注意が必要です。

処方されている薬がある場合は、医師に相談した方がいいですね。

 

 

 

 

 

初回購入は63%オフでお得!

 

 

 

 

 

 

 

【イクモア/副作用】安心して使える安全性について

イクモアを安心して使える安全性について紹介します。

イクモアの安全性が高い理由として、保存料・着色料・香料などの添加物が使われていないことやGMP認定を受けた国内工場で生産していることが挙げられます。

食品添加物はアレルギーの原因となる可能性もある成分であるため、添加物を使っていないということで副作用やアレルギーに対する安全性は高いと言えます。

また、GMP認定を受けるためには多くの安全性基準をクリアする必要があるため、GMP認定を受けているという事実が安全性の高さを物語っていますね。

こういった安全への意識が人気である理由ですね。

 

 

 

添加物を使っていないから安心!

 

 

 

 

 

 

 

イクモアの添加物などの成分について

「体に良くないから添加物の入ったものはあまり食べたくない」

「オーガニック志向で体に良いものを摂りたい」

食品添加物は、アレルギーの原因になると言われていたり、癌のリスクを高めてしまうという話を耳にするかと思います。

せっかく体のためにと思って食べたものが、実は別の形で体に対して悪影響を与えてしまうのでは残念ですよね。

しかし、イクモアは保存料・着色料・香料などの添加物を一切使用していないため

安全性が高いですよ。

成分も日頃よく口にする食材にも含まれているものだけで出来ているため、安心して使用することができます。

そんな理由もあるせいか、副作用にまつわる噂は見当たりません。

 

イクモアを生産している工場について

イクモアを生産している工場について紹介します。

イクモアはGMP認定を受けた国内工場で生産されているため、安全基準の異なる海外産のサプリメントよりも安全性が高いので安心ですね。

GMP認定とは、日本健康・栄養食品協会が定める安全基準をクリアした場合に受けることができます。

このGMP認定を受けるためには原料の選出から、製品の出荷に到るまでの全工程で製造管理と品質管理を行う必要があるため、厳しい安全基準の指標となっています。

さらにGMP認定を受けるには、まずGMPの基準を3ヶ月程度クリアした上で申請を行うことが条件となっています。

そして、調査員による書類調査・実地調査を行った後にGMP工場認定審査会による審査を通過したところでようやく認定されます。

GMP認定を受けた後も3年に一度、新規に申請する時と同じ基準での審査が必要になり、1年に1度の中間実地調査まで行われます。

このようにGMPの安全基準は、非常に厳格なため医薬品を作る製薬会社でも採用されています。

そのためGMP認定を受けているということが安全性の高さを証明していることが分かりますね。

参考:日本健康・栄養食品協会

 

 

 

GMP認定工場で国内製造だから安心!